ペネグラとは?

このページでは、ペネグラのED治療薬に関して出来るだけわかりやすく紹介したいと思います。

先ほど、トップページでも紹介したように、このペネグラはバイアグラのジェネリック医薬品なんですが、製造や発送はインドとなっています。

製造している会社は「Ranbaxy社」。

私は、バイアグラを購入したことはありますが、あくまでもクリニックから処方をしてもらっていました。「
バイアグラの錠剤は青色ですが、ペネグラの錠剤の色は赤色。

ペネグラは、有効成分はバイアグラと同じクエン酸シルデナフィルなので、同じ効果を生みだしてくれます。

勃起不全を解消してくれるクエン酸シルデナフィル。体内にある「5型ホスホジエステラーゼ」のはたらきを阻害する作用があります。

5型ホスホジエステラーゼは勃起に必要な「環状グアノシン一リン酸」を分解するはたらきをもつ酵素の一種。
5型ホスホジエステラーゼが活性化していると、海綿体の平滑筋が緊張し、陰茎内部に十分な血液が運ばれなくなってしまいます。
クエン酸シルデナフィルは5型ホスホジエステラーゼのはたらきを抑制することで、環状グアノシン一リン酸による勃起状態を維持して、正常な性交をサポートしてくるという訳ですね。

ペネグラとバイアグラの違い

ペネグラとバイアグラの違いとしては、

  • 製造メーカー
  • 錠剤の色
  • 価格

やはり、この中で一番大きな違いとしてはか価格になりますね。
ペネグラの方がかなりの安い価格で購入することができます。

1錠だけで1000円~1500円もの差が出てくるのですが、それでも勃起不全に対する効果はおなじになります。
ただし、ペネグラは個人輸入でしか購入できないために、副作用などが起こった時は自己責任になります。そこら辺を十分に考えてから服用することになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加