ジェネリック医薬品

トップページでも少しふれたのですが、ペネグラのジェネリック医薬品の意味について。
もう少し、深く説明をすると、そもそもジェネリック医薬品とは、商品を開発したオリジナルである先発医薬品(バイアグラ)の特許権が消滅した後、別のメーカー(ペネグラ)が同じ成分で製造した医薬品のことをジェネリック医薬品といいます。

先発医薬品(バイアグラ)に対し、後発医薬品(ペネグラ)という関係になりますね。

先発医薬品はオリジナルの商品を生みだすために、「コスト・実験費・時間」などさまざまな理由でお金が掛っているので、商品を販売する時に、どうしても価格が高くなります。
それに対して、後発医薬品は「コスト・実験費・時間」がかからないので、必然的に価格が安くなるわけですね。

ですので、バイアグラとペネグラの価格にはかなりの開きが出ているわけですね。

ペネグラとバイアグラの違い

ペネグラとバイアグラの違いとしては、

  • 製造メーカー
  • 錠剤の色
  • 価格

やはり、この中で一番大きな違いとしてはか確認利ますね。
ペネグラの方がかなりの安い価格で購入することができます。

なぜ、インド製?

どうして、ペネグラはインドで製造・販売されているのでしょうか?

それは、このジェネリック医薬品に意味があります。

先ほども、記載したように、
バイアグラの特許権が消滅してから、初めてジェネリック医薬品を販売することができます。
でも、バイアグラが特許権を所得したのが1999年で消滅するのは20年後、つまり2019年?

なぜ、ペネグラは販売できてるのか?
それは、インド製だからです。

インドでは、国の法律として薬品の特許が認められていないため、
たとえ特許期間中でもジェネリック医薬品を開発・販売することが可能ぶなっています。

そのため、バイアグラのジェネリック医薬品であるペネグラはインド製になっているわけですね。

私が最初に、「ペネグラ インド製」っと知った時、
これは「偽物・パチ物」ではないか?っと思っていました。
でも、色々調べてみて、インド製の理由がわかり納得できました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加