ペネグラの副作用

ペネグラの副作用についてです。
バイアグラやペネグラは、どんなに勃起不全に対する効果が高くても完璧ではありませんね。
副作用が起こることも有ります。

ペネグラの成分であるクエン酸シルデナフィルは、バイアグラと同じ成分なので、バイアグラと同等の副作用が起こります。

クエン酸シルデナフィルの副作用の種類

  • 頭痛
  • のぼせ・ほてり
  • 消化不良
  • 色覚異常

このような感じで、副作用が出るとのこと。

ちなみに、私はペネグラを服用し始めてから3ヵ月ほど立つのですが、
副作用はおこっていません。

っというのも、発症率は全体の5%以下に留まり、症状自体も軽症であることから、さほど問題はないとのこと。

でも、低血圧や高血圧の症状がある人、それから心臓病を患っている人、特に常用薬のある人などは重篤な副作用が起こる可能性があるので、使用を禁じられています。
しっかりと確認をしてから、用法容量を守って服用をするようにしましょう。

もし副作用が起こった場合は、用量を下げるのもひとつの手だと思います。
ペネグラの場合は1錠で100mgの成分が含まれているのですが、どうしても効果はありますが、その分の副作用が起こりやすい。

そのため、錠剤を半分or4分の1にして服用することで、副作用もある程度は治まると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加